パンダ組の日常

~だんご三兄妹をめぐるカオスな日常~

ポエム的なモノ

秋風

愁い 読める? うれいって読むんだって 秋に心と書いて「うれい」 いつの時代も秋を感じる人の心は同じってか なんで秋はこんなにも寂しいんだろう 夕暮れ時、秋風に吹かれるとどうして心がざわめくんだろう わからない 昔は大好きな季節だったのに いつの頃…

白日

今日はこの曲の気分 King Gnu - 白日 2カ月ほど前、コクワガタを捕まえた話をしました pandamonda.hatenablog.com この度、このコクワガタを殺してしまいました 100%父の責任です 今後このような惨劇が繰り返されることのないよう、落ちる気持ちを無理やり…

誰かこの詩(うた)に命を吹き込んでくれ

大雨が降り続く地域の皆さまの気が少しでも紛れる駄文を。 というわけでポエ村パンダが帰って参りました。 今回は本気です。 結構ブログでアートを披露されてる方って多いじゃないですか。 詩だったり歌だったり漫画だったり。 それに触発されまくってるわけ…

ありがとう ONE OK ROCK

いやぁ久しぶりに書いたわ、ポエム 今回はサッカー選手との一夏の恋がテーマ やっぱポエムはいいね、書いてて元気が出る 「これってポエムで合ってるよね?」って不安になる時もあるけど 実はママンさんがONE OK ROCKの楽曲を紹介しててね それ聞いたらなん…

エーデルワイスを君に

~ Edelweiss ~ 曲:リチャード ロジャース 詞:阪田寛夫 エーデルワイス エーデルワイス かわいい花よ 白いつゆに ぬれて咲く花 高く青く光る あの空より エーデルワイス エーデルワイス あかるく 匂え つい先日のこと 嫁さんと話をしている時に見てしまっ…

夏は来ぬ

今朝のことです。 娘たちを車で幼稚園に送り届けるため、家の近くの駐車場に向かってゾロゾロと歩いていたのです。 その時、道の端っこに小さな茶色い塊がポツリと落ちていることに気付きました。 どうせ犬の糞だろう そう思って遠巻きに眺めて見たところ・…

あひるのあくびのその後の話

ショッキングな出来事に直面して我を失いそうだ 昨日書いた記事 父が息子の「”あひるのあくび”を自分で作りましょう」って宿題を手伝ってやった話 pandamonda.hatenablog.com あれからどうなったか息子に尋ねたのだ そしたら「ああ、あれね。二つ選ばれたよ…

あひるのあくび

朝から長男が頭を悩ませていた 国語の時間に「あひるのあくび」を自作しなければならないらしい 「あひるのあくび」とは、小学一年生の国語の教科書に載っている音読の教材 あひるの あくびは あいうえお かえるが かけっこ かきくけこ さるくん さかだち さ…

血脈

長女の驚くべき才能を発見した ポエムの才 まさか脈々と受け継がれていたとはね・・・・・父から子へ 先日車に乗っていた時 後部座席で酔っぱらいのようにアナ雪を歌っていた長女 ふと気づくと歌詞が全然違うではないか メロディもかなり違うけど 慌てて聞き…

ぽ~はポエムのぽ~

この前書いた「ぽ」の話 あれにインスピレーションが刺激されて久々に創作意欲が湧いてきた 読者さんで共感してくれた人もいたし だからもう書かずにはいられない 聞いてください心の詩(ことば) ぽ 作 ポエ村パンダ さきっぽのぽってなによ 先のほうってこ…

夢風船

作:ポエ村パンダ 妻が風船をふくらませていました 誰に頼まれたわけでもなく 一生懸命ふくらませていました でも風船って 新品はとても固いのです だから顔を真っ赤にして息を吹き込んでいました プーッという音が聞こえました 真っ赤な顔で息を吹き込む妻…

胸がザワつくこんな夜は

今週のお題「ブログ初心者に贈る言葉」 米津玄師って誰だ? 今巷ではものすごく流行ってるらしいじゃないの ほんとにみんな知ってたの? そもそもオレはこういうのに疎いからな 山崎まさよしと斉藤和義が同じジャンルだと思ってたからな 「城の崎にて」の作者…

ポエムっていいよね

今年のパンダ組の標語は「MOVE MOVE MOVE!!」なんですよ だから今回はポエムに挑戦してみようと思います 今のオレならなんだってできる気がする 全部君のせいさ 作:ポエ村パンダ ブツブツしてるのが苦手なのさ 例えば公園で葉っぱむしってたら 裏側に変なタ…

時にはこんな雰囲気で

机に向かいながら考えた 書きたいことは山ほどある もっとリリカルかつシニカルに表現できるはず そして時にルナティックに だけどもう一人の私がそれを拒絶する オマエには今、他にやらねばならぬことがあるはずだと まさにアンチノミー そう、先ほどから禍…