パンダ組の日常

~だんご三兄妹をめぐるカオスな日常~

羞恥心に火をつけて

歳をとるにつれて、自分の中の「許容できない美的センス」の閾値が高く、すなわち鈍感になっていくのがよくわかる 昔だと到底受け入れられなかったこと そのカッコはさすがにないわ~って思ってたこと それが今ではやすやすと許容できるんだから驚きだ 今回…

レメディが僕を裏切った

今週のお題「大切な人へ」 レメディが僕を裏切った・・・!? 許さない 許さないぞ 絶対に許さない 地獄の果てまで追いかけてやる こっちは遊びなんかじゃないんだ これは契約なんだよ 俺たちを結ぶ血の契約 二人で一つ、もはや宿命 だから裏切りは絶対に許…

子の習い事、揺れる親心

今回は少し真面目な話。 というか悩み事。 長男の習い事に関するグチみたいなもんだ。 長男は幼稚園の頃からサッカーを習っている。 父母の勤務の都合で、園終了後もホームクラスに残らなければならない曜日があったから。 そんな日にただお遊戯しながら待っ…

親にだって成長の余地はある

子供を叱り飛ばす機会が増えてきた まだ小さい頃は良かった、話が単純で 早くご飯食べなさい ちんちんを触るな そんなとこで寝たらダメ ハナクソ食べちゃいかん・・・ だけど子供がだんだん大きくなると、叱る内容もそれなりに複雑になってくる なんだその言…

仮面の告白

みなさん、被ってますか?? 私は被ってます・・・・・ 物心ついた頃から口が悪かった。 今でもベースは変わらないが、あの頃はもう怖いもの無しの言いたい放題。 こんなヤツが近くにいても絶対友達になりたくないって今さらながら思う。 そんなんじゃいけな…

恐るべし、公文小僧

ウチの子供たちは三人そろって公文に通っている。 いわゆる「公文小僧」というやつだ。 なぜに公文か。 それは父も「元・公文小僧」だからだ。 学習のツールとして公文式がいかほど優れているのか、そんなことは知らん。 ただ何となく公文。 公文行ってりゃ…

火花

医局の横には職員専用の小さなトイレがある。 その小さなトイレには小便器が二個、対側には大便器が二個。 小便器の隣、入り口を入ってすぐのスペースにはこれまた一人分の手洗い場。 小便器と大便器の間の通路は人一人がギリギリ通れる幅しかない。 とにか…

水族館 vs 動物園

水族館はお好きですか? 僕はフツーです 行く前はすごくテンション上がるんですけどね だけど中に入ってしばらくすると思っちゃうんです 食べる方が・・・・・・好きかな あっちやらこっちやら動き回って同じ水槽を別角度で何回も何回も見せられてるのに気づ…

拡張期高血圧という謎の病態に一人戦いを挑む中年の記録

前回のブログで今、私がストレスでいっぱいだという話をした。 今日はその理由について書いてみようと思う。 悲壮感漂う雰囲気が苦手な方はここでお引き取り頂く方が賢明かもしれない。 実は病気が発覚したのだ。 本当のことを言うと数年前からうすうす気づ…

天使にラブソングを・・・・歌ってもらいたいもんだよこんな日には

今日は全く使い物にならない一日でした なぜかウーピー・ゴールドバーグとキューピー・コーワゴールドの類似性が気になって気になって このフレーズが頭の中をグルグル回り続けて全く思考がまとまりませんでした こんな日はロクなことがないんです 気晴らし…

君と出会った奇跡

スピッツ / 空も飛べるはず 昨夜未明、まどろみながら思いっきり屁をこいた。 もの凄い爆発音と共に体が数mm浮いたような不思議な感覚に包まれた。 オナラの可能性を感じた。 ・・・・・きっと空も飛べるはず そして完全に目が覚めた。 一度こうなったらもう…

旨いものを食う時に感じる僅かな罪悪感について

今年仕込んだカラスミをちょっとだけ味見しました 少し塩味が強かったけど、臭みもなく上々の出来でした これなら長期の熟成にも十分耐えられそうです 半年、一年後が楽しみです あまりにおいしかったのでお酒も進みまくり 本日の相棒はビールとスパークリン…

長男の洞察力に感動した話

私にしては珍しく連投。 だけど書かずにはいられない出来事があったのだ。 昨日何気なく書いた「洞察力」の記事。 冗談半分の記事だけど本当に大切だと思ってるのは事実だ。 pandamonda.hatenablog.com そしてまさに今日、長男の洞察力をまざまざと見せつけ…

大人になった未来のお前達へ宿題を出しておこう

今週のお題「二十歳」 父さんね ものごとの本質を見抜ける人間になってほしいんだよ お前達にはね 見えてる部分に惑わされない人間っていうかね その裏を読み取れる人間 だけどそれには相応の観察力と想像力が必要になってくる いわゆる洞察力とかいうやつだ…

正月明けで鬱気味のあなたへ ~或る絵本作家の苦悩~

だめだ、もう疲れたわ そろそろ医者は廃業だ なんつってもリスクが高すぎる オレはノーリスクハイリターンじゃなきゃ嫌なんだ 次の仕事はすでに決めてある 絵本作家だ 人気絵本作家 オレにはもうこれしかない 幸いオレには幼子が三人もいる だからいわゆる「…

ただただ、旨いもんが好き

今週のお題「2020年の抱負」 ブログってのは恐ろしい ひとたび足が遠のいたら最後、生きて戻ってくるには想像を絶するエネルギーが必要となる そして私は今その膨大なエネルギーをあの手この手でなんとか絞り出し、この場に舞い戻ってきた I'll be back !!(…

眠れぬ夜の処方箋

みなさんがブログを書き続ける理由はなんだろうか ただ楽しいから何となく お小遣い稼ぎに 備忘録として 自分の世界を広げるため・・・・ 人それぞれ書き続ける理由があるはずだ じゃないと続くわけがない、こんな面倒臭いこと ちなみに私が書く理由は二つ …

もしも上手に絵が描けたなら・・・

何気なくスマートニュースを見ていたら、トップに北野トマレさんの記事が紹介されていて度肝を抜かれた 今までだって何度も掲載されていたのだろうけど、実際に自分の目で見たインパクトは段違いだ もはや今さら説明する必要もないだろう 埼玉が生んだ長崎の…

人って涙の数だけ強くなれるんだぜ?

哀しい出来事がありました 長男のECCの宿題を見てやってたんです ホントはブログ書いたりダラダラしときたかったんですけど、誰かが見ないといけないってので父がその大役を買って出てやったんです ペンソーとかイレーサーとかペンソーケースとか言ってる傍…

今までの苦労はなんだったんだって思う瞬間

コツコツと積み上げてきた努力が徒労に終わる瞬間 これほど虚しいことはない しかしこの世に生きている限り、報われない苦労など腐るほど経験する それでも我々は現実から目を背けずに前へ前へと進み続けねばならない 脇目もふらず勉強したのに第一志望の学…

その先にある景色 

自分の殻を破らなければ見ることができない景色というものがある。 あるいは、一人で生きていたなら絶対見ることがなかったであろう景色。 それを誰かと交わることで期せずして目にすることもある。 掃除機のコード。 引っ張り過ぎによる断線防止のため、あ…

雑記ブログのすゝめ

今週のお題「いい肉」 やばい 日々新記録を更新し続けてる気がする いや体重ね 気がするってのはあくまで推測、体感の話だから 怖くて体重計には乗れない 当分乗れそうにもない 職場のズボンの腰周りがキツい 急にキツくなった 落としたボールペン拾おうと前…

これからキャンプを始めてみようか迷っているあなたへ 後編

さて、デビューが冬という狂気じみた我が家の初キャンプ。 その話をする前に2枚の写真をお見せしておきたい。 これはキャンプデビューの1週間前、近くのオートキャンプ場で試しにデイキャンプをした時の写真だ。 テント内で上機嫌に肉を貪る長女 食事も早々…

これからキャンプを始めてみようか迷っているあなたへ 前編

やや上から目線で初心者に教えたげる系記事、それが最近の私のトレンドである。 だから今回も少しだけ上から傾斜をつけてやらせて頂きたい。 今回は「キャンプ」。 これからキャンプを始めようとする誰かさんの一助にでもなれば、という使命感に駆られて今、…

「びっくらたまご」に何度もビックラさせられた話

「びっくらたまご」ってご存知でしょうか 卵の形をした入浴剤なんですけどね コイツが子供たちの心をワシづかみにして離さないわけです お察しの通り、コイツはただの入浴剤ではありません 卵の形をしてるってだけでイマドキの子供が興味を示すわけがない そ…

はてなブログ症候群

すっかりブログをご無沙汰している 一週間に一記事がやっとのペースになってきた 最近なにかと忙しくて・・・・ こんなんじゃダメだ、と自分に言い聞かせて今ブログを書いている これはきっとみんなが一度は陥る、いわゆるスランプとかいうやつだ それじゃあ…

読者登録数とかけてジュリアナ東京と解く

二年近くも細々とやってたらもう細かいことなんてどうでもよくなってくるんです ブログの話ですけど 最初の頃はスターをどれくらい貰えただの読者が何人くらい増えただの、いろいろ気にしては一喜一憂してたのに 最近はもうスターが何個とかどうでもいい 読…

大腸カメラを受けようか迷っているあなたへ

えぇっ?? みんなまだ受けてないの!? ホントに!?!? へえぇ~~ ふ~~~ん 長きに渡り「いつか受けねば」と思い続けてきた大腸カメラ。 この度ようやく重い腰を上げて行って参りました。 自分が終わった途端、冒頭のような優越感に浸ってしまうのが私…

思ひでシリーズ 家族旅行2019 ~四国編~ その3

高知と徳島の県境を走行中突如、幻の三泊目が現実味を帯びてくる ま、もともとせっかく行くのに二泊三日じゃもったいないよね~なんて話は出てたんだけど 父がどうしても一日まるごと休める日が欲しかっただけ だけどこんな流れになった以上、潔く出勤前の安…

思ひでシリーズ 家族旅行2019 ~四国編~ その2

3日目 北川村温泉に別れを告げ帰宅の途につく 近くに高速道路のインターがないため、室戸岬をグルッと回り込んで海岸伝いに徳島県を目指すルートを選択 本当ならばショートカットできる抜け道もあったのだが、この機を逃したら室戸岬なんてもう一生縁が無い…